My happy colors

白シュナまりりんと過ごす幸せな日々。そんな一つ一つの”幸せ”を写真で綴ったブログです。

2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

偶然と必然 ~まりりんとの出会い~

まりりんと出会ったのは、2007年3月のこと。

07136

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています^^
遊びに来たよ~の合図にワンクリック、宜しくお願いします

ブログを初めて、やっと一ヶ月になりました
3日坊主にならず続けられたのも、応援して下さる皆さんのおかげです。
いつも本当にありがとうございます

今回はプロフィールがてら、まりりんが来た由来をUPしたいと思います。
少し文字が多くなりますがお付き合いいただけたら嬉しいです^^




2007年1月31日。
15歳でお星様になってしまった先住犬シェルティの”モンロー”
このコは本当に大人しく、最後の最後まで利口なコでした。

             07135

父は家族の中でも可愛がっていた分、悲しみは一番深く、
玄関に出るたび、何とも言えない空虚感というか・・・

しばらくはモンローの事を思い出さずにはいられない悲しい日々が続きました。

モンローと出会ったペットショップへ、近々顔を出しに行こうねと家族で話していたので、
母と出かけた帰りにプラッと寄った時の事でした


仲良くしてもらってるスタッフの人に、

『この間お父さんが来て、モンちゃんが居なくなって、あまりにも悲しんでるから
モンちゃんの代わりに新しいコをプレゼントしてあげたら?』


と言われましたが、その時はモンローが居なくなってまだ日にちが浅いし
新しいコを迎えるなんて、モンローにも悪い・・・と一旦は断りましたが、
その時に、たまたま隅っこでじっとこっちを見ている白いコが目に止まりました

  -”2006年11月21日生まれのミニチュアシュナウザーの女の子”-

他にも可愛いワンちゃんがたくさん居たのに、なぜかそのコにしか目が行かず、
釘付けになってしまった母と私・・・。

   07131

スタッフの方に聞くと、

『このコは他の兄弟よりも小さかったようで、幼い頃に母親と離されたショックで
ご飯も食べないし、ここまで大きくなるのにとっても苦労したんですよ。』


との事。

確かに3ヶ月程にしては小さいし、他のシュナちゃんよりも色素も薄い。
何だか、か弱そうで放っておけなくなってしまった私達・・・
しかも優しげな目元がモンローに何だか似てる・・・?

母に薦められ抱っこした途端、目を瞑り気持ちよさそうに眠る小さなパピーちゃん・・・
すると今までの悲しみがすっごく和らいでいくのが自分の中で分かったんです。

   07132

もしかしたら父もこんな穏やかな気持ちになれるかも!と思いましたが
冷静になってもう一度考えようという事になり、一旦家に戻る事に

そんな中、母が一番乗り気で、すでに名前も付けていた程でした。
私も何をしてても、あのコの事が頭から離れないんです^^;

母を始め、家族で話し合った結果、

『きっと何かの出会いだし、ずっと悲しんでいてもモンローが天国に行けない
んじゃないか・・・。』


という話になり、あのコを迎えるという結論に

名前は母が、モンローを忘れないように・・・と”マリリン”と命名。
目も白人さんみたいに青いし、モンローの分まで可愛がってあげようという意味も込めて。

父が3月9日に誕生日だったので、その当日に首輪にリボンを結び
初めての洋服を着せて、専用のBOXでプレゼント

思いの外、喜んでくれる父。
そんな父を見て嬉しそうな母。

・・・新しくまりりんを迎え、幸せな日々が続くハズでした。

   07144

そんな母が、6月に病気の治療の為に入院。
8月に一時退院で自宅で母が倒れ、それからというもの母の付き添いで、
私自身も24時間病院で泊まり込みの生活に


・・・ですが、その年の10月。
看病の甲斐もなく、母は天国へと逝ってしまったんです。

何とも言えない、味わった事のない・・・深い深い悲しみ。

今ではだいぶ落ち着きましたが、やはり思い出す時もしばしば



そんな時、いつも傍にいて悲しみを少しづつ癒してくれるまりりん・・・。
母があの時点で飼う気にならなければ、迎える事もなかったハズ。

これが偶然だったのか、必然だったのかは誰にも分かりませんが、
まりりんは家族にとって、まるで母の生きた形見なんです。
私達に残してくれたと思うと尚更、可愛くて可愛くて仕方ないんです

お母さん、まりりんを残してくれて本当に本当にありがとう。
これからも大切に大切に育てていきます・・・。
ずっとずっと私達を見守っていてね。



この頃家には全くと言っていいほど戻られなかったので、まりりんと触れ合うのは
2週間に一度、父が車でわざわざ連れてきてくれた時に、夜の病院の駐車場で少しだけ。

なので写真もほとんど手元に残せなかったので、ここに載せた写真はまりりんの
幼い頃の唯一の写真


そんなまりりんもお陰様で大きくなり、もう2歳8ヶ月になります。
2キロほどしかなかった体重も6キロを超えました・・・(笑)

今までに何度か病院にもかかりましたが、今元気にいてくれる事を感謝する日々。
これからも大切に大切にしていきたいと思います

   07133

まりりんのお陰でたくさんの方と出会えた事、本当に感謝しています。
皆さんとこうして交流出来、共感したり言葉を交わせることが嬉しくて・・・
そんなまりりんと私ですが、これからもどうぞ宜しくお願い致します

あたちにもこんな頃があったんでしゅよbyまりりん
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
にほんブログ村

何だか今回はしんみりしてしまい、すみません・・・^^;
まりりんっ!これからも宜しくねのポチっを宜しくお願いします♪
スポンサーサイト

| プロフィール | 12:33 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。